So-net無料ブログ作成
検索選択

敵地攻撃能力を研究する会

2009年4月8日:パート5

 午後(夜の)7時15分。 赤坂付近のカフェレストランにいる。 先ほど、スバゲッティーとサラダの「アローン・ディナー」(これって英語?)をすませた。 食後のミルクティーを飲みながら、パソコンのキーボードを叩いている。
 
 何しろ、「とても大事なこと」を忘れていた!(あちゃあ!) 先日は日付を間違えたし!!(あーあ、我ながら何てバカヤローだ!(怒)) あんな程度のことで動揺するなんて...まだまだ修行が足りない私でした。(反省)
 
 明日、午後3時から(党本部の502で)「北朝鮮に対する抑止力強化を考える会(仮称)」の発足会合をセットした。 研究のテーマは「日本の敵地(策源地)攻撃能力」だ。 併せて、今回のゲーツ米国国防長官の発言で改めてクローズアップされた「日米同盟のあり方」や「集団的自衛権」の議論も再活性化させたい。 
 
 断っておくが、「北朝鮮を攻撃しろ!」みたいな「極端な思考」を持つ議員の集まりではない!(笑) 今回のミサイル発射でさらに増加した「北朝鮮の脅威」に対して「いかに日本の抑止力を強化するか」を「冷静かつ戦略的に」研究するグループだ。 1週間に1度くらいのペースで会合を持ち、早急に(1ヶ月程度で?)会としての「提言」をまとめたいと思う。
 
 メンバーは7名。 下村博文衆院議員(元官房副長官)、小野寺五典衆院議員(元外務副大臣)、水野賢一衆院議員(元外務政務官)、塚田一郎参院議員(党シミュレーションチーム事務局長)、鈴木馨祐衆院議員(北朝鮮外交を慎重に進める会事務局長)、松本洋平衆院議員(衆院財務委員会委員)、そして山本一太(前外務副大臣)だ。 最初のゲストスピーカーは(うまく日程調整がつけば)安倍晋三元総理にお願いしたいと(勝手に)考えている。 明日昼の「清和政策研究会」でキャッチ出来るといいんだけど...。
 
 今晩は早めに帰宅する。 明日の勉強会の「趣意書案」を書かねばならないからだ。(ふうX2) よし!今日こそ、30分、走るぞ!! その後は「BONJOVI」の歌でボイストレーニングもやる!!
 
追伸:昨晩、水野賢一氏、塚田一郎氏、鈴木馨祐氏、山本一太の4人で「抑止力強化会」の事前打ち合わせをやった。 あのね、水野さんと塚田さん! どんな時も自分を心配してくれて、いつでも食事やお茶につきあってくれる人が身近にいる。 これは本当に幸せなことなんですよ!!(笑) どうぞ、そういう感謝を忘れずに!!(ニッコリ)
 

直滑降レポートを応援していただける方は、blogランキングへ

「チャレンジャーに捧げる詩」の無料ダウンロードはmF247へ

nice!(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。